日韓親善協会中央会

〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-7-1 塩崎ビル3F

TEL: 03-5213-4885 / 5213-4886  FAX: 03-3264-8837

2019年新年賀詞交歓会は1月29日(火)午後5時より大手町KKRホテル東京10階瑞宝の間に於いて

賑々しく開催いたしました。

当日は韓日親善協会中央会から金泰煥理事長を初め6名の役員にご参加を頂き、日韓議員連盟、 外務省、

韓国大使館、民団中央本部他多くのご来賓の皆様に参席を頂き、地方協会、関連団体、関連企業の皆様に

今回は青少年交流参加メンバーを含め、120名を超える参加者となりました。

両国国歌を斉唱の後、当会副会長 西村明宏衆議院議員より

開会の辞が述べられ、その後、主催者を代表して

中央会 河村建夫会長が、昨年は日韓パートナーシップ20周年の

節目の年でした。本年は元号も替わる新たな年となりますが、

この共同宣言に携わった両国首脳の意志・意向の原点に返り、

今の状況を乗り越えていく活力のある年にしましょう。

と力強く挨拶されました。

賀詞交歓会の夕べも和やかな交流の中で進み、午後7時過ぎ中締めの

ご挨拶を、中央会より1年早くスタートした

福岡県日韓親善協会 村井副会長にお願いいたし、賀詞交歓会を

お開きといたしました。

全国各地からご参加いただきました役員、会員、関連団体の皆様

本当にありがとうございました。

不安と期待で上京し事前研修に臨みました。  

大変お忙しい中、河村会長からも元気が出るご挨拶を

頂きました。

事前研修では、武藤元大使から似ている点、気遣う点などを教えていただきました。

部屋では初顔合わせでしたがすぐ仲良くなりました。

ソウル到着後、最初に自由の橋に向かいました。

北との国境、自由の橋には多国籍語の寄せ書きが書かれ、

切実な思いを強く感じました。展示された機関車の銃口の

跡を見ると、戦争の虚しさを感じました。

目の前を流れる河を見ていると北から泳いでくる人の姿が

目に浮かんできました。平和の大切さがこみ上げました。

翌日はアワビの朝がゆで朝食後、扶余に向かいました。

百済の都の跡ですが、焼き払われて残っているのは石塔、

古都の昔をイメージして見ました。  

博物館の香炉や古墳群、遊覧船で扶蘇山城や落花岩を

研修しました。

翌日の全州では、伝統楽器チャングの練習に挑みました。

左右の手の使い方が、異なりリズムも違うため最初は苦労

しました。

全州の町では散策もでき買い物も出来ました。

でも暑かった、湿度もあり!

昼食後、光州に向かいました。待望のホームステイです。

全南大学には予定より少し遅れて到着。

入口からグラウンドや並木が広がったキャンパスでした。 教室で初顔合わせ、パートナーと共に、買い物やカラオケ、

食事と歓待を受けました。ご家族との交流もたくさん

できました。翌日の別れがたまりませんでした。

昼食は全員で参鶏湯、別れが大変辛かったです。

慶州は扶余と違い古い建物も残り、緑の多い世界遺産地域

です。

博物館には韓国最大の釣り鐘が展示され、仏国寺は緑の多い

奥の深いお寺でした。

扶余と同じような石塔がありましたが、こちらは地震の

影響を危惧されていました。

まとめ 

今回の訪韓では日本を離れ、韓国の生活文化に触れることが

できました。

伝統的な料理や楽器、建造物などたくさんの興味を惹かれる

ものがありました。

韓国をより深く知ることができ、新たな視点を持つことが

できました。

さらにホームステイを体験して、韓国の人々のことをより

深く知ることができました。

2018年度全国地方協会実務者会議を、平成30年11月29日

午後3時30分よりルポール麹町4階真珠に於いて開催しました。

最初に当会河村建夫会長より、皆様方の日韓親善への貢献に

感謝をし、今は大変な時期ですが、両国の永い歴史の中で今までも

クリアしてきた様に、日韓パートナーシップの精神を忘れず、

民団の皆様と協力して行く基本姿勢は変えず、友好親善の草の根

活動を基本に進めていきましょうと、挨拶をされました。

まとめとして、会員増への努力、高齢化対策、協会同士の連携(県境越え)等が共通の問題点として

集約されました。

2018年9月4日には台風21号(大阪)直撃、9月6日早朝3時には震度7の北海道胆振東部地震と、

たて続け自然災害に見舞われた日本列島の秋でした。

度重なる救援見舞金のお願いにもかかわらず、全国の日韓親善協会の皆様方から義援金のご協力を頂き

ましたこと、会員の皆様に衷心より厚くお礼申し上げます。

総額60万円の内20万円を大阪日韓親善協会分として2019年2月14日に、40万円を

北海道日韓友好親善協会連合会分として2月15日にお渡しいたしました事をご報告いたします。  
被災から既に半年が経過いたしましたが、いまだに被災地は後処理が完了していない様です。
1日も早い被災地の皆様方の復興を心よりお祈り申し上げます。