top of page
日韓の友好・しんぜんを親善を願って

2023.11.21
中央会レポート VOL.16を掲載しました。

2023/7/23~7/28 
第33回青少年交流訪韓団を派遣しました。(学生26名)

2023.02.17
中央会レポート VOL.15を掲載しました。

2022.11.29
「日韓パートナーシップ宣言25周年に向けて」記念講演・交流会を開催しました。

2022/11/2
中央会レポートvol.14を掲載しました。

home_top_title_vol16.png
subtitle_vol16_1.png
1.総会※.jpg

2023年度47期目の年次総会を5月26日午後4時から、大手町KKR
ホテル東京10階瑞宝の間に於いて、全国から多くの会員役員の皆様にお越しいただいて、賑々しく開催をいたしました。

年次総会の主催者挨拶では、河村建夫会長より、尹錫悦大統領の人柄が感じられる貴重なニュースを交え、これからの日韓関係を見る視点をお話しいただきました。
その後、金光一副会長を議長に指名し審議に入りました。

3.懇親会 主催者挨拶 河村建夫会長※.jpg

総会後は、当会副会長を永くに渡りご在籍いただきました
故高田眞氏(富山県日韓協名誉会長)他、物故者の皆様を追悼し黙祷の後、懇親会に入りました。

開会の辞を森英介副会長、続いて主催者挨拶を中央会河村建夫会長より申し上げ、ご来賓の皆様からのご祝辞を頂戴いたしました。

7.乾杯※.jpg

乾杯のご挨拶と音頭は、中央会理事・岩手県日韓親善協会谷村邦久会長にお願いし、賑やかな懇親のスタートとなりました。
賑やかに、そして和やかなうちにも交流の会話は絶えませんでしたが、中締めのご挨拶と発声を中央会畑矢健治理事にお願いいたしました
​。
年次総会にご参加いただいた、会員・役員、関連団体の役員の皆様、本当にお忙しい中ありがとうございました。

subtitle_vol16_2.png
2日目⑪7.24 在日韓国人記念館.jpg

コロナ禍の影響を受け、国際交流は停止せざるを得ない状況下にありましたが、昨年の国内留学生との高知大会を経て、第33回2023年度青少年交流訪韓団派遣は4年ぶりの再会にこぎつけました。

参加者は1都7県(山形県・新潟県・群馬県・栃木県・東京都・長野県・三重県・山口県)の16校、男子2名女子24名、全員高校生となりました。

1日目①7.23 歓迎夕食会 河村会長挨拶.jpg

訪韓交流の体験は7月23日日曜日午後3時、代々木のオリンピックセンター集合からスタートしました。
参加者全員の確認後部屋に入り小休憩の後、壮行会の会場に移動し、河村建夫会長から日本と韓国との交流の歴史や文化についてのお話を頂きました。

1日目②7.23 国立オリンピック青少年センター 事前研修.jpg

食事は美味なイタリアンを堪能し、参加者同士の交流を深め宿舎へ戻り、そのままオリエンテーション(事前研修)となりました。
事前研修では、通達、注意事項、この研修のポイントと、見つけてほしい日本と韓国の相違点、同意点、両国の古代からの交流の歴史の中で先人たちが担ってきた役割などを考察しました。

2日目②7.24 金浦空港到着.jpg

7月24日月曜日快晴、早朝宿舎を専用バスで出発し7時前には羽田空港国際線ターミナルに到着。

金浦空港到着後、入国審査では少々時間がかかりましたが、11時過ぎには出迎えの韓日親善協会メンバーと再会し、専用バスに乗車。
韓国の国内事情のガイダンスを受けながら、北との境界線臨津閣自由の橋に向かいました。

2日目⑫7.24 国会議事堂①.jpg

自由の橋周辺を研修後、ソウル市内の日本大使館に向かいました。
日本大使館訪問後、在日韓国人記念館を訪問、次いで韓国国会議事堂を研修、一院制の議事堂内部は荘厳の一言でした。

2日目⑭7.24 韓日親善協会中央会主催 歓迎夕食会.jpg

その後、韓日親善協会中央会主催の歓迎会にお招きいただき、大変お忙しい中金泰煥会長代行、李俊揆副会長はじめ役員の皆様に参席を頂き、本当にありがとうございました。

3日目③7.25 国立扶余博物館鑑賞中.jpg

7月25日火曜日韓国2日目、朝食後高速道路を約2時間30分かけて、百済の都、扶余に到着しました。

国立扶余博物館所蔵の黄金に輝く香炉と、百済時代の画像等を研修後、定林寺跡等を研修して、百済の時代を心に描きました。

3日目⑭7.25 韓服試着体験⑤.jpg

昼食後午後3時過ぎには全州韓屋村に到着、韓屋街の散策、研修生は韓服試着体験をし、全州伝統文化センターでは伝統楽器体験や伝統的な扇子ブチェ創りを体験研修しました。

4日目①7.26 五常高校校門でのお出迎え 歓迎の様子①.jpg

7月26日水曜日韓国3日目、今回のメインイベントである亀尾市の五常高校へ、朝食後直ぐに出発いたしました。
10時過ぎ、五常高校の正門前では歓迎の出迎えを受け、校内に入りました。
五常高校は、韓日親善協会中央会金泰煥会長代行が理事長をされている亀尾市の私立高校です。

4日目⑦7.26 五常高校交流会 記念撮影.jpg

記念式典の後グループごとに、ダンス体験・音楽体験・アートペイント体験・エアーライフル体験を通じて各々の貴重な体験と交流が進捗いたしました。
昼食の場でも、食文化・生活文化の体験経験の蓄積が出来たようでした。

5日目②7.27 慶州 佛国寺②.jpg

7月27日木曜日、ホテルでの朝食後、慶州での新羅時代の歴史的遺産、佛国寺、矑星台、大陵苑、苑内の天馬塚等、をつぶさに体験し、新羅時代の文化、生活様式、天文学等の現実をしっかりと心に留め、百済との違いを感じられたに違いありません。

6日目②7.28 羽田空港解散式.jpg

7月28日金曜日、ホテルでのバイキング朝食後、9時過ぎには金浦国際空港に到着、JAL便のチェックイン後、出国手続きをしてターミナル内の免税店でのラストショッピングを楽しみ12時過ぎには機上の人となりました。

午後2時過ぎには羽田国際空港に到着、到着ロビーで解散式をして、飛行機組、新幹線組に各々移動し今回の訪韓団の幕が下りました。

今回の訪韓団派遣事業の開催には多くの会員・役員の皆様に大変お世話になりました。取り分け、韓日親善協会の玉事務局長を始め2名のガイドの皆様、ドライバーの方にお礼申し上げます。
また3年のブランク後の国際交流の開始に当たり、留守宅の皆様方のお心添えに深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。

subtitle_vol16_3.png

998年10月8日、小渕恵三総理大臣と金大中大統領との間で共同宣言された、21世紀に向けて日韓パートナーシップ宣言から今年は25年の節目の年となりました。
コロナ禍明けと尹政権対応により、日韓関係はシャトル外交が再びスタートしました。

そして今年は25周年の節目の年となり、ソウルでの合同大会と尹錫悦大統領表敬訪問を記念事業として開催いたしました。

p33大統領表敬 尹大統領・河村会長(連合ニュース).jpg

大統領表敬 尹大統領・河村会長
(連合ニュース)

10月13日、18時よりロッテホテル2階クリスタルボールルームに於いて日韓・韓日親善協会合同大会を開催いたしました。
訪韓団170名近くと韓国側来賓を含め50名ほど合計220名を越える参加者の中で、両国主催者の挨拶、尹大統領、岸田総理の祝辞代読、来賓の皆様の祝辞の後、キム・ミンジ(ソプラノ歌手)、桂園芸術高等学校、大倉正之助氏の公演をご披露頂き、3名の乾杯の音頭の後晩餐会食の後21時20分にはお開きといたしました。

合同大会 国民儀礼(連合ニュース).jpg

合同大会 国民儀礼
(連合ニュース)

10月14日午前8時より代表の皆様に韓日親善協会柳興洙会長主催の答礼朝食会が開催され、限定人数ではございましたが今回の記念事業の総括を話しながら大変有意義な時間をすごしました。
韓日親善協会中央会の役員の皆様本当にありがとうございました。

bottom of page